FLAVOR OF EARTH
PURE ESSENTIAL OIL

BLACK SEED OIL

使用方法
朝5滴・夜5滴を目安に口の中に直接含んでお召し上がりください。
  • *効能が強いため、初めての方は1日2〜3滴を目安にお召し上がりください。
  • *効果を強めたい場合でも1日3回(朝5滴・昼5滴・夜5滴)までお召し上がりになれます。
保存方法
直射日光や高温を避け、涼しい場所に保存してください。
使用上の注意
  • ・自社のブラックシードオイルは品質(濃度)が高いため、初めての方は1日に少量(2-3滴)から始め、徐々に摂取量を増やしてお召し上がりください。
  • ・目安量*1を参考に一度に5滴以上は摂り過ぎないよう、ご注意ください。
  • ・デトックス*2効果が高いため、体質、体調により身体が異常に反応した場合は一旦使用を止めてください。
  • ・妊娠中の方は使用をお控えください。
  • ・薬を服用中の方、あるいは通院中の方、食物アレルギーのある方は医師にご相談の上お召し上がりください。
  • ・天然の原料を使用しているため、浮遊物、沈殿物がある場合がございますが、品質に問題はありません。
  • *1 目安量:1日2回(朝・夜5滴ずつ)効果を強めたい場合でも1日3回(朝・昼・晩5滴ずつ)。
  • *2 デトックスは、生理学的・医学的に生物の体内に溜まった有害な毒物を排出させることである。
内容量 30ml(1ヶ月~1ヶ月半分)
抽出部位 ニゲラサティバの種子
抽出方法 低温圧搾法(一番搾り)
成分 チモキノン、チモール、
ビタミンA、ビタミンB1、
ビタミンB2、
ビタミンB3、ビタミンC、マグネシウム、
β-カロチン、カルシウム、カリウム、葉酸、
鉄、セレン、
亜鉛、アミノ酸、
オメガ3脂肪酸(アルファリノール酸)、
オメガ6脂肪酸(リノール酸)、
オメガ9脂肪酸(オレイン酸)
原産国 エジプト

ブラックシードオイルは、エジプト原産のニゲラサティヴァという一年草の種子から採れる精油です。その効能は、世界中のさまざまな文明で何世紀にもわたって人間や動物の病気を治療するために使用されてきました。約3300年前から「死以外のあらゆる病気の治療薬となる」と言い伝えられており、エジプトの医師はブラックシードオイルを王族に処方していたそうです。ツタンカーメン王の埋葬室でも発見され、近年エジプトの科学者たちは数々の病原体に対して抗菌性をブラックシードオイルに含まれる成分で実験したところ、病原体に対して100%の阻害を示したと報告されております。

ブラックシードオイルには 100種類以上の有効成分が含まれ、天然化合物である主成分「チモキノン」(Thymoquinone)は万病に対して効果を発揮すると多数の研究結果が報告されています。例として、肝臓保護作用、抗炎症作用、抗酸化作用、抗がん抗腫瘍作用があり、アルツハイマー病・糖尿病・喘息・がんへの効果が世界中の研究者達から注目を集めています。

自然成分の力

風邪の予防
チモキノンの抗菌・抗ウイルス作用は、感染症に効果を発揮します。のどが腫れてしまったときには、殺菌とともに痛みを和らげる効果が期待できます。
免疫力の強化
体内の免疫システムを強化してくれる効果が期待できます。
アレルギー体質
喘息のような気管支拡張や、花粉症、またアトピーなどのアレルギー症状を緩和してくれます。また、定期的に摂取し続けることで、アレルギー体質を改善する効果が期待できます。
肥満予防、ダイエット
コレステロール、中性脂肪を低下させ、体重を減少させるという研究結果が発表されています。ダイエット中に毎日の習慣としてとり入れることで効果が期待できます。
高血圧
血圧を下げる効果が認められており、長期的に摂取し続けることで血圧治療を受ける必要がなくなるほど大きな改善に繋がると言われております。
認知症(アルツハイマー病)
2013年に東京工科大学の研究チームは、ブラックシードオイルに含まれる成分「チモキノン」が認知症の予防に繋がることを突き止めました。認知症の主な原因は、毒性の強いアミロイドβという特殊なたんぱく質が脳内に蓄積される事により発症すると明らかになっています。チモキノンはアミロイドβの細胞毒性を抑制し、脳内蓄積を妨げる為、認知症予防に効果的であると言われています。このアミロイドβは認知症の症状が現れる20年以上も前から脳内で増加し始めると考えられているので、ブラックシードオイルを早い段階で取り入れる事が重要になると発表されています。
胃腸
ブラックシードオイルには抗けいれん作用があり、胃の膨張を治療する際に効果的です。また胃酸を抑える働きもある為、胸やけや下痢にも効果があると言われています。
てんかん
ブラックシードオイルには従来の医薬品による治療では効果のない症状を持つ子供たちに、痙攣を抑制させる効果があると報告されています。
2型糖尿病
ブラックシードオイルにはリノレン酸及びγリノレン酸と呼ばれる成分が含まれています。リノレン酸は、血中の脂肪やインシュリンの濃度を下げる不飽和脂肪酸です。血糖値の上昇が抑えられ、結果として2型糖尿病の長期的予防法としてブラックシードオイルの効果が期待されています。
がん
東洋医学では、1000年以上に渡りブラックシードから生成されるオイルを「天然の抗がん剤」として活用してきました。摂取し続けることで、がん細胞の増殖や腫瘍の形成を抑制する効果を発揮すると言われています。これは、ブラックシードオイルに含まれる成分が白血球の活動を刺激することに関連していると考えらえています。化学療法と併用することでより治療効果が期待され、化学療法の副作用を和らげる可能性もあるとされています。